ゆらゆらと

d0233891_16133031.jpg

暖炉の炎がゆらゆら ゆらゆら

小さな僕は 何も言えなくて
笑ってるのか 泣いてるのかも
分からなくなってるのではないのだろうか

自分にもついてるのかな、嘘…

いや 気のせいかもしれない
深い渦も感じつつ
光を浴びて

可愛い花に微笑んで

優しいひとの愛に触れ
これでいいんだと音楽をかける

ゆらゆら ゆらゆら
暖炉の炎と こころが揺れる


Purela





[PR]
by purela2005 | 2016-11-13 15:53 | 小さな僕の詩
<< Purela便り Buzz-buzz >>