消したい記憶

d0233891_8514549.jpg

きみの泣き顔を見ていたら

10年前のぼくが消したいと思っていた記憶がよみがえってきた

その時ずっと自分の中にあったもの


あのころの自分

いくら泣いたって消えやしないって分かっていた

慰めの言葉も、きれいごと

いくら並べったってと・・・首を振る


時間が必要だったんだ

受け入れる時間がね

必要なんだ


いつの間にか 消したい記憶が違った思いに変わっていく



泣いているきみの中にある強さと優しさ、あったかい未来を感じている




Purela
[PR]
by purela2005 | 2013-05-11 09:31 | 小さな僕の詩
<< リラックス ひとりの時間 >>